ご挨拶

Yuji Machida

ビジネスに、デザイン要素・アート要素が入ってくるようになりました。 長年経営コンサルタントと画家とをやって来た立場からすると、ようやく二つの領域が融合してきたように感じます。 ビジネスとアートは、従来対極のものと言われてきました。 ビジネスは問題解決であり、左脳的である。アートは自由な発想であり、右脳的である。 たいていこう整理されます。 しかし実際はそれほど単純ではありません。ビジネスの問題解決も、相当量の右脳を使います。 課題の定義も、解決のための発想のジャンプにも...。 一方アートも、自由度は高いものの、それが人に物事やコンセプト・発想着想を伝える表現である以上、左脳的に論理的に考え抜き、 手法にも論理性を取り入れなければ、伝わりません。 つまり、左脳右脳といった表面的な区別はあまり意味がありません。

新規事業やデザイン、アートの領域に関わっていると、「創造力」「創造性」を求められます。それはとてもエキサイティングでやりがいのある場面です。 しかし、どんな創造性も、基礎や基本なくしては成り立ちません。それは問題解決スキルのとても基本的な部分でできています。これはとくにデザインの 領域と強い相関があります。何が課題か、どう解くのか。創造性をどこに集中させるのか。人の心理はどう動くのか。ただ漫然と自由に発想していても、何も生まれません。

B O D A Iは問題解決の基礎を大事にしつつ、創造性を使って、様々な新たな価値を実現してゆきます。

人の行動領域・脳の領域〜科学的アプローチ

また最近は、アートやデザインの効果を、行動経済学や、脳科学で説明する研究が発達してきました。アート的に考えることやアート活動自体は、 瞑想/マインドフルネスと同様の効果があります。また、デザイン自体が、科学的に立証できうるものなのです。そして、脳科学の成果は、人間のウェルネスにとって、 アートやデザインが与える圧倒的な効果を証明しています。

一方で、企業活動は人の行動ですから、人や人の気持ちに関わる問題は非常に大きいです。 言うまでもなく、人こそ経営の9割です。 ところが人の問題、気持ちの問題は、経営ではなかなか捉えられてきませんでした。 この気持ちの問題はデザインやアートの手法や考え方を取り入れることで、相当変わります。 どうやって違うものを見るのか。見えないものはどうすれば見えるのか。 同じものを見て、同じことに出会っても、どう感じて、何を意味合いと取るか。 限られた時間と資源で、どれだけ前向きに挑戦できるか。 それをチームでどうシェアするか。 人の心の問題に大きなヒントが隠されています。

今、あらゆる領域のキワが溶け出し、さまざまな業種業界の融合が起きています。違う視点で考えることで、新たな成長の軸が見えてきます。 既成概念から脱して、創造力を全開にして、新しく、ワクワクする未来を一緒につくっていきましょう。

株式会社ボダイ 代表取締役 町田裕治


職歴・履歴

1991年京都大学法学部卒業。同年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。大阪支社、東京支社、ソウル支社、上海支社にて、 IT、ハイテク、インターネット関連プラクティスリーダー。 組織変革、買収案件、都市開発案件など多数。採用・教育担当も長年兼任。ロジャークライン賞受賞。次席共同経営者。

その後、株式会社リムネット、ユニゾン・キャピタルなどを経て独立。

2013年9月株式会社ボダイ代表として起業。 人事評価アプリ事業「リガート」などを展開。 企業再生・組織変革コンサルティング、新規事業・IoT/AI事業コンサルティング。ISL経営ゼミファカルティ。

クリエイター・アーティスト業界に特化する専門商社株式会社Too顧問。

京都大学産官学連携本部 イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門「アーツ・エコノミクス」アドバイザー。

2017-18年 東京都顧問、都政改革本部特別参与。

画家としてニューヨーク、東京を拠点に活動。1999年ニューヨークにて個展開催。