意義/実現するためのアクション

冷静さ、客観性を大事にして、チームの関係性を強化しよう

人は感情の生き物です。何かが起きると、ネガティブに考えたり、感情的になって、脳的にはあまりよい状態にならないそうです。 脳の扁桃体という部分が大きな影響を与えているそうです。

そこで、まずファクトを受け入れ、冷静になる。意味合いを大げさに捉えることなく、逆になかったことのようにして逃げるたり蓋をしたりすることなく、 起きていることは全て正しいと捉える。

このために、チームがに心理的安全性があり、関係性が強化されていることはとても大事です。このことで一人一人が客観的に冷静でいられます。

いきなり仕事の中身のディテールに入る前に、一呼吸置いて、状況を客観的に捉えてみましょう。


想像に限界をつくるのをやめよう

人の想像力は、人を大きく成長させもし、成長に限界を作りもします。

一人で創造性を発揮するにも限界があります。アート思考で、チームの他の人の視点やスキルを、深いレベルで取り入れてみましょう。

気がつけば思わぬ創造性が引き出されるかもしレません。

そうして、たくさんの挑戦をしてみましょう。


ゆったりして、いろいろな角度から考えてみよう

ビジネス現場は、ストレスにあふれています。自分で自分にプレッシャーをかけすぎるとキラーストレスと呼ばれる脳環境としては最悪の状態となり、 いずれ鬱的な状態になっていきます。

結果を求めることは企業の目的そのものですので大事なことなのですが、その担い手である人やその脳が傷んでしまっては元も子もありません。

集中しつつも、ゆったり構えていきましょう。


見えないものを見てみよう

これらを繰り返して、想像力を使えば、見えないものが見えるようになるかもしれません。

私たちは、そのようなチームを増やし、社会に創造性と人間性を広げていきたいと考えています。